赤ワインで糖尿病を改善する

糖尿病に関するお役立ち情報

糖尿病を改善する赤ワインとは・・・?


赤ワインが糖尿病の改善と予防に効果が期待できる事をご存知でしょうか。

食事の時の適量の赤ワインは、血しょう中の抗酸化物を増やしてLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の酸化を防ぎ、血栓の生成を抑制する働きがあります。

糖尿病の方は、酸化ストレスによって血栓が出来やすくなることが知られています。

そこで糖尿病患者にワインつきの食事とワインなしの食事、あるいは空腹時における赤ワイン摂取の効果を測定しました。

血糖値やインスリン濃度はもちろんのこと、中性脂肪や抗酸化能力、血液の固まりやすさ、LDLコレステロールの酸化など、いろいろ分析したところ、やはり食事の時の赤ワインは糖尿病の方にも大いに効果があることが分かりました。

空腹時に赤ワインだけを飲んだ時は、血漿中の抗酸化力はすぐに上昇しますが、血栓防止やLDLコレステロールの酸化防止にはあきらかな作用はありませんでした。

しかし、食事の時の適量の赤ワインは、心臓や脳などの血管の病気予防には効果があったというのがこの研究の結論です。

この食事の時の赤ワインの『適量』とは、ワイングラス1~2杯と考えてください。

また、ドイツのワインアカデミーによると、規則正しい節度あるワインの飲用は、2型糖尿病の発症リスクを著しく低下させるだけでなく、すでに2型糖尿病を発症していても毎日少量の摂取で、心筋梗塞などの合併症の危険性は減少するとしています。

ワインの健康効果は、いろいろと言われていますが、糖尿病を発症していても、健康であっても、飲みすぎることのないワイン適量(1~2杯分)が糖尿病の治療によいと言われています。

465_60

このカテゴリーの関連コンテンツ

運営者プロフィール

代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私の家系にはどういう訳か糖尿病患者がとても多いです。
私の母親をはじめ、祖父、叔父、叔母が糖尿病を患っています。
その中でも母親は…
…続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『糖尿病119』では、早ければ2〜3日、遅くとも数週間で血糖値を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にはじめられるだけではなく、お腹いっぱい食べることができるストレスのない画期的な食事法です。
…詳細はこちら


※このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

【荒木式】糖尿病克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 糖尿病に関するお役立ち情報 ≫ 糖尿病と赤ワイン