豆腐で糖尿病を改善

糖尿病に関するお役立ち情報

豆腐はなぜ糖尿病の改善に効果があるのか?それは・・・


最近、豆腐は海外でも糖尿病の治療にも良い、健康的な食品として認知されるようになってきています。豆腐は「TOHFU」と呼ばれ、今や世界共通語です。

特に米国人女性の間では、美容と健康の意識が高く日本人女性のような綺麗な肌に憧れて豆腐食が好まれているようです。

豆腐は良質な蛋白質の供給源なのです。

豆腐100gのカロリーは72kcalくらいであり、低炭水化物で低カロリーです。ビタミンB、ビタミンE、カルシウム、食物繊維などが多く含まれます。

豆腐には実は脂肪が含まれていますが、その脂肪はオレイン酸やリノレン酸などがほとんどであり、体に良い効果のある不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸には血液中のLDL(悪玉)コレステロールを減らし、コレステロールのバランスを良くするはたらきがあり、心血管障害を予防するのに有用です。

また豆腐に含まれる「大豆イソフラボン」には、女性ホルモンに似た働きがあり、高血圧や高コレステロールを抑え動脈硬化を防ぐと考えられています。

厚生労働省の研究班は、豆腐など大豆からつくった食品を多く食べる女性は脳梗塞や心筋梗塞になりにくく、特に閉経後女性では2型糖尿病の発症リスクも低くなるとの研究結果を発表しています。

豆腐の積極的な摂取は糖尿病を予防するだけではありません。糖尿病の合併症である心血管障害や脳血管障害などの合併症も防ぐ働きがあるのです。

豆腐を中心とした食事が多かった江戸時代中期以降、糖尿病患者が皆無であったのも頷けます。
糖尿病の治療のために、豆腐を用いた食事を積極的に食べましょう。

465_60

このカテゴリーの関連コンテンツ

運営者プロフィール

代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私の家系にはどういう訳か糖尿病患者がとても多いです。
私の母親をはじめ、祖父、叔父、叔母が糖尿病を患っています。
その中でも母親は…
…続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『糖尿病119』では、早ければ2〜3日、遅くとも数週間で血糖値を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にはじめられるだけではなく、お腹いっぱい食べることができるストレスのない画期的な食事法です。
…詳細はこちら


※このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

【荒木式】糖尿病克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 糖尿病に関するお役立ち情報 ≫ 豆腐で糖尿病がよくなる!?