糖尿病と瞑想の関係について

糖尿病に関するお役立ち情報

瞑想と糖尿病の関係とは?

心が不健康だと身体もなかなか健康になることができません。仏法では「色心不二」と言い心と体は密接に関係していると説かれています。

心と体の治療法として瞑想療法(Meditation)というものがあります。
瞑想を行うことで、心が健全になり身体も自然と健康になります。これは脳をリラックスすることで「安らぎに満ちた鋭敏さ」という特異な状態になります。

瞑想をすることで交感神経系の活性化を抑えられます。その結果として血管が拡張し、アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールなどのストレス・ホルモンが減少します。そして心身ともに緊張から解き放たれて健康になるのです。

瞑想は宗教的な儀式ではなく日常生活に深く関係するものです。緊張した時に深呼吸したり胸に手を当てたりするような事と同じなのです。
米国のインディアン居留地では、医師のアハメド・モハメッド氏によると、「ウィネベーゴ(ネブラスカ州)の住民の66パーセントがII型糖尿病または前糖尿病に罹患している」と推察しています。これは人種的に糖尿病になりやすいという要因もあるかもしれません。
ウィネベーゴに住むインディアンの方達はこの瞑想を摂り入れて糖尿病を減らすために利用しています。

瞑想をしていると人間のもつ五感が繊細になります。
「健全な精神は健全な肉体に宿る」といいますが、「健全な精神であれば、おのずと肉体も健全になる」ということができます。
ストレスの多い現代社会にあって瞑想はビジネスマンやビジネスウーマンにとって必須のものといえるでしょう。瞑想は脳を活性化させるすぐれたノウハウであると共に人間の自然治癒力を引き出す手段なのかもしれません。

465_60

このカテゴリーの関連コンテンツ


運営者プロフィール

代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私の家系にはどういう訳か糖尿病患者がとても多いです。
私の母親をはじめ、祖父、叔父、叔母が糖尿病を患っています。
その中でも母親は…
…続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『糖尿病119』では、早ければ2〜3日、遅くとも数週間で血糖値を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にはじめられるだけではなく、お腹いっぱい食べることができるストレスのない画期的な食事法です。
…詳細はこちら


※このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

【荒木式】糖尿病克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 糖尿病に関するお役立ち情報 ≫ なぜ瞑想でよくなるのか?