糖尿病と漢方の関係とは?

糖尿病に関するお役立ち情報

糖尿病を漢方薬で改善できるのか?

同じ医学でも東洋医学と西洋医学は根本的に思想が異なります。
西洋医学の場合、ぜん息などの疾患においてそれに対する薬を処方し治療します。また乳がんの場合では適切な治療をし、必要に応じて外科手術を行います。要するに西洋医学は病気に対する対症療法なのです。これに対して東洋医学は西洋医学のように疾患をピンポイントで診ようとはしません。


深い見解を言いますと森羅万象、宇宙のリズム的な発想で疾患を診ていきます。例えばII型糖尿病の患者がいるとすると、この患者が糖尿病となった原因は何かを考えます。「暴飲暴食などの不摂生」、そして「運動不足」、ここまでは西洋医学でも指摘出来得ることです。しかし東洋医学ではその先まで、思考を展開します。たとえば、暴飲暴食をするのは仕事でのトラブルや人間関係がうまくいっていないのかもしれない。また家庭内においても関係は良好ではなく、睡眠時間なども極端に少ないかもしれない。患者は生命のリズムに合致していない所が多々あるので、もしかしたら糖尿病以外の疾患があるかもしれない。このように東洋医学は一つの疾患からあらゆる原因や他の疾患の可能性まで、敷衍して考えるのです。

東洋医学のひとつに漢方薬(Herbal Medicine)があります。糖尿病がまだ初期の段階である場合、漢方で血糖値をコントロールするという方法があります。漢方はすべてが植物由来なので副作用の心配がなく体質そのものの改善にも貢献します。

漢方薬自体が血糖値を下げたりインスリンの分泌や働きを促進するというよりは、漢方薬により体調を整えることで糖尿病を治療しやすい体にしていくといった方がふさわしいかもしれません。

糖尿病の初期段階であれば、漢方薬で血糖値をコントロールすることはある程度可能ですが、糖尿病が進行している場合は、現状維持のために漢方薬を服用することが多いようです。

465_60

このカテゴリーの関連コンテンツ


運営者プロフィール

代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私の家系にはどういう訳か糖尿病患者がとても多いです。
私の母親をはじめ、祖父、叔父、叔母が糖尿病を患っています。
その中でも母親は…
…続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『糖尿病119』では、早ければ2〜3日、遅くとも数週間で血糖値を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にはじめられるだけではなく、お腹いっぱい食べることができるストレスのない画期的な食事法です。
…詳細はこちら


※このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

【荒木式】糖尿病克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 糖尿病に関するお役立ち情報 ≫ 漢方薬で改善できるのか?